会社案内

会社概要

商号/二反田薬品工業株式会社
本社/広島県呉市吉浦新町2丁目5番2号
創業/明治20年4月
設立/昭和23年11月
資本金/4000万円
取引銀行/広島銀行

二反田薬品工業の写真

事業内容/医薬品・医薬部外品・健康食品の製造、販売、受託製造
配置販売業、店舗販売業

TOPへ

会社沿革

明治
 
明治20年4月
 
大正8年
昭和12年
昭和18年6月
 
 
昭和23年2月
 
 
 
昭和23年11月
 
昭和28年
昭和37年
 
昭和38年2月
昭和46年
昭和50年3月
昭和51年2月
昭和57年10月
昭和62年5月
平成元年3月
平成元年8月
平成24年3月

創始者二反田初太郎が奈良県にて、大和売薬の修行をし、陀羅尼助の製法を学び、さらに漢方医長坂先生に学ぶ。
現広島県佐伯郡において二反田天狗堂を創立し、てんぐ御陀羅尼助、御陀羅尼助丸の製造販売を開始、主として配置販売を行う。
二反田天狗堂を現広島県呉市に移転する。
二代目の清五郎がこれを継承する。
戦時下において、戦時整備統合令により、広島県製薬㈱に譲渡して製造を継続すると同時に、主として配置販売を行い、一般流通にも卸売りを開始した。
戦時整備統合令解除により広島県製薬㈱は解散し、企業合同事業によりアトム製薬㈱を設立、製造を継承する。
その後、アトム製薬㈱から独立分離し、日本薬品㈱を設立し、製造を継承する。
日本薬品㈱の商号を改め、資本金800,000円にて、二反田薬品工業㈱を設立する。
呉市吉浦東本町(旧本社所在地)に本社および工場を移転する。
工場を拡充し、漢方製剤の製造を開始し、全国配置販売ルートにて販売を行う。
三代目の二反田實がこれを継承する。
GMP基準に適応するため、工場を改築する。
資本金3,000,000円に増資する。
資本金10,000,000円に増資する。
健康食品の製造を開始する。
GMP適合工場として呉市吉浦新町に本社工場を新築移転する。
四代目の二反田正弘がこれを継承する。
資本金40,000,000円に増資する。
医薬部外品製造業及び製造販売業の許可を取得する。

TOPへ

ご挨拶

  弊社は和漢薬、漢方薬をつくり続けて130年になります。
明治20年創業以来、和漢胃腸薬「御陀羅尼助(おんだらにすけ)」「御陀羅尼助丸(おんだらにすけがん)」の製造・販売を中心に現在まで、各種和漢薬、漢方薬、健康食品の製造・販売を行っております。
病気で悩んでおられる方、健康でありたいと願っている方によりすぐれた、より安全な医薬品の提供を心がけております。原料となる生薬は厳選されたものを使用し、GMP(医薬品の製造管理及び品質管理規則)適合工場にて、品質管理、安全管理のもと、日々純良な医薬品の製造に努めております。
高齢化社会を迎えて、より健康志向の高まる中、弊社の和漢薬、漢方薬、健康食品の供給を通じて、皆様の健康維持、増進にお役に立てればとの思いを持ち続けて、社会に貢献できることを願っております。
どうぞ、弊社製品をご愛用いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
二反田薬品社長の写真
代表取締役 二反田正弘
TOPへ

地域社会への取組み