製品案内

健康食品

広島の特産品「広島菜」、大麦若葉、青大豆の入った青汁

広島菜青汁

●10包

広島菜青汁

青汁原料としては珍しい「広島菜」に、「大麦若葉」や「青大豆」などの栄養成分豊富な国産野菜を配合し、乳酸菌やオリゴ糖をプラスした飲みやすい顆粒タイプの青汁です。

商品詳細へ

広島菜青汁紹介ページへ

→こんな方におすすめ

・ヘルシーでおいしくて、飲みやすい青汁をお探しの方

・毎日の野菜不足が気になる方

2つの天然素材じゃばら、べにふうき

アレルキュア

●80粒

アレルキュア

アレルキュアは「じゃばら(果皮)」と「べにふうき(茶葉)」という2種類の天然素材を配合したヨーグルト風味のサプリメントです。「じゃばら」はフラボノイドのナリルチンを豊富に含む和歌山県北山村産の希少な柑橘類で、「べにふうき」はメチル化カテキンを豊富に含む静岡県産の茶葉です。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・つらい季節を快適に過ごしたい

・グズグズ、ムズムズ、カサカサが気になる

・眠くならない、季節対策サプリメントをお探しの方

漢方屋さんがつくった国産原料100%の健康茶

和ごのみ茶

●20包(ティーパック)

和ごのみ茶

和ごのみ茶は「どなたでも」「安心して」「毎日飲める」健康茶です。大麦、はと麦、黒大豆、どくだみ等、厳選された8種の国産原料(産地を限定)をバランスよくブレンドし、香ばしくすっきりした味の飲みやすいお茶に仕上がっています。無添加・ノンカフェインなので安心してお飲みいただけます。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・おいしい国産の健康茶をお探しの方

・毎日安心して飲める健康茶をお探しの方

・スッキリとした健康茶で毎日さわやかに生活したい

吉野本葛入りしょうが湯

くずゆしょうが湯

●6包 ●30包

くずゆしょうが湯

だれしも幼い頃、夏に冷たい物を飲みすぎたりした時、また冬の寒い日などに甘くて温かいくず湯やしょうが湯を飲ませてもらった思い出があることと思います。そうした記憶をふとよみがえらせてくれる、くずゆしょうが湯です。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・冬の寒い日に、背中がぞくぞくする

・お腹が冷える

国産しょうが、吉野本葛、コラーゲン、桜の花エキス

さくらの花 生姜湯

●6包 ●24包

さくらの花生姜湯

さくらの花 生姜湯は風味のよい国産のしょうがに、コラーゲン、桜の花エキス、吉野本葛を配合しています。口あたりはとろりと甘く、しょうがの香りがお口いっぱいに広がり、体の芯からポカポカと温まってきます。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・手足の先から冷えや寒さを感じる。

・いつまでも若々しく、美しくありたい。

・お茶の代わりに飲めるホットドリンクをお探しの方。

大豆レシチン、DHA、乾燥酵母、フェルラ酸、レスベラトロール

桂酌寿NEO(けいしゃくじゅネオ)

●120粒

桂酌寿NEO

桂酌寿NEOは、私たちの細胞に欠かせないレシチンに必須脂肪酸のDHA、ビタミン・アミノ酸・ミネラル等を含む乾燥酵母、米ぬかから抽出された抗酸化物質のフェルラ酸にレスベラトロールをバランスよく配合した栄養補助食品です。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・気分が晴れない日が多く、スッキリしない

・人の名前が出てこない、うっかりが多くなった

・近ごろ気力が衰えてきた

田七人参、冬虫夏草、メシマコブ

ニタンダ田七人参(でんしちにんじん)

●270粒

田七人参

ニタンダ田七人参は、田七人参、冬虫夏草、メシマコブをエキスとして配合した健康食品です。

田七人参は、中国では古来より「金不換」(金にも換え難いくらい貴重なもの)とされ、冬虫夏草とメシマコブはいずれもキノコの一種で古くから不老長寿や健康維持の目的で用いられています。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・疲れやすい、ストレスが多い

・生活習慣病、食生活が気になる

・お酒をよく飲む、最近お酒が弱くなった。

コエンザイムQ10,L-カルニチン,ビタミンE

S-Q10(エスキューテン)

●60粒

S-Q10

S-Q10は、コエンザイムQ10、L-カルニチン、ビタミンEを配合した栄養補助食品です。1粒中にコエンザイムQ10を60mg含有しております。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・いつまでも元気で若々しくいたい

・最近疲れやすい

グルコサミン、コラーゲン、MSM、コンドロイチン

ジョイントケアPLUS(ジョイントケアプラス)

●360粒

ジョイントケアPLUS

滑らかで活動的な毎日のために欠かせない成分がたくさん配合された栄養機能食品です。

商品詳細へ

→こんな方におすすめ

・活動的な毎日を過ごしたい

・滑らかな動きを取り戻したい

<ご使用上の注意>

 

・食品アレルギーのある方は原材料をご確認の上、該当する場合はお召し上がりにならないでください。

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

前へ